読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画感想ライブラリー

文才ない人間が人気作からB級まで映画を見た感想を書くブログ※辛口注意

コードネーム: プリンス

か行

  

 

あらすじ

かつて裏社会で「プリンス」と呼ばれ恐れられていた凄腕の暗殺者ポールは、犯罪組織のボスであるオマーの暗殺に失敗したことをきっかけに足を洗い、現在は田舎で自動車整備工をしながら静かに暮らしていた。

ところが、ある日一人暮らしをしている娘が消息不明になってしまい、娘を探すためにポールは故郷ニューオリンズへと戻る。

一方、ポールによって誤って妻子を殺されたオマーは、彼が町に戻ったことを知り…。

 

続きを読む

わたしに会うまでの1600キロ

わ行

  

 

あらすじ

シェリル・ストレイドは離婚や母親の死、自らの自暴自棄な生活で負った心の傷を癒すために、数千マイルにもわたるパシフィック・クレスト・トレイルを一人で歩き通すことを決意した。

数々の問題に襲われながらもトレイルを歩き続けるシェリル。

彼女は、歩きながら母の死、離婚の原因などを思い出していく…。

 

続きを読む

PUSH 光と闇の能力者

は行

 

 

 

あらすじ

かつてナチスが始めた超能力を持つ兵士の開発研究は、戦後各国が引き継ぎディビジョンと呼ばれる部署を設けて続けられ、ディビジョンは市井の超能力者を野生動物のように捕縛し集め、非人道的な人体実験を行っていた。

ニックは10年前にディビジョンに父を殺された過去を持つムーバー能力者で、以来逃亡生活を続け、現在は香港に潜伏している。

ニックの父は死の直前にいつか花を持ってきた少女を助けるようにと言い残していた。

ある日ニックは逃亡した女性の行方を捜しているというディビジョンのスニファーのエージェント2名に訪問される。

エージェントが帰った直後、今度はキャシーというローティーンの少女がやってきてニックに大金のもうけ話を持ちかけてきて…。

 

続きを読む

ゾンビ・ホスピタル

さ行

 

 

 

あらすじ

精神を病んだ妹のリリーがいるジャックは、入院している精神病院で妹に会えなかったことから妹を連れ出すために精神異常者のふりをして病院に潜入を試みることに。

しかし、その病院は普通とは違い、どこかおかしかった。

看護婦に襲い掛かる患者を見たジャックは、身の危険を感じて妹と共に病院を脱出しようとするが…。

 

続きを読む

ランド・オブ・ザ・デッド

ら行

 

 

 

あらすじ

ゾンビが地球上に蔓延するようになった近未来。

生き残った人々は、三方を川に囲まれた島に防御フェンスを敷いて町を築き、高層ビルに暮らす富裕層とスラムに住む貧民に別れて暮らしていた。

物資調達部隊の傭兵隊長ライリーは町を牛耳る権力者のカウフマンから、ライリーの部下であるチョロが装甲車デッド・リコニング号を乗っ取り、町の爆破を予告したと伝えられる。

ライリーは裏切ったチョロの殺害に向かうが、同じ頃自我を持つゾンビ、ビッグ・ダディに率いられたゾンビ達が町を目指して川を渡りつつあった。

 

続きを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キル

あ行

 

 

あらすじ

近未来。地球は「ギタイ」と呼ばれる宇宙からの侵略者により、滅亡の危機に晒されていた。

人類側の統合防衛軍は敵の強大な戦力に対して劣勢な戦いを強いられていたが、「ヴェルダンの女神」の異名で知られる英雄リタ・ヴラタスキの活躍によって反撃の糸口を掴み、欧州地域における大規模な殲滅作戦を立案する。

軍属の報道官であったウィリアム・ケイジ少佐は、殲滅作戦を指揮するブリガム将軍から戦場の現地取材という任務を命じられ、最前線に送られてしまう。

そしてケイジは武器の安全装置を解除する手順すらレクチャーされないまま殲滅作戦に参加させられる。戦況は圧倒的に劣勢で、武器が使えず逃げ惑うばかりだったケイジも自爆用に渡されていた地雷を使い、青白く輝く獣のような姿をしたギタイと相打ちになって死亡する。ところが次の瞬間、ケイジが目を覚ますと出撃前日だった…。

 

続きを読む

秒速5センチメートル

は行

  

 

あらすじ

東京の小学校に通う遠野貴樹と篠原明里は互いに「他人にはわからない特別な想い」を抱き合っていた。

小学校卒業と同時に明里は栃木へと転校してしまうが、貴樹が中学に入学して半年、栃木の明里から手紙が届き、それをきっかけに文通するようになる。

しかしその年の冬に、今度は貴樹が鹿児島へ転校することが決まった。

鹿児島と栃木では遠い距離に絶望した貴樹は、明里に会いに行く決意をする。

しかしその約束の日、関東では大雪となった。

当初の予定は列車の遅延で大幅に狂い、時間だけがただ残酷に流れていく……。

 

続きを読む