映画感想ライブラリー

文才ない人間が人気作からB級まで映画を見た感想を書くブログ※辛口注意

エボリューション

 

 

あらすじ

アリゾナ州の砂漠に隕石が落下。

現場に近いグレン・キャニオン短大の生物学教師のアイラは、同僚の地質学教師ハリーと共に隕石から採取した液体を調査することに。

液体は未知の単細胞生物であったが、数時間後に再び観察するとそれは多細胞生物へと進化していた。

この生命体は、地球での46億年分の進化を1ヶ月で成しとげる脅威のエイリアンだったのである。

しかし、アイラ達のパソコンを監視していて事態を知った、かつてのアイラの上司であるウッドマン将軍ら軍部は、隕石落下現場を封鎖してアイラたちを締め出すとともに、アイラたちの研究資料を全て持ち去ってしまう…。

 

 

登場人物

アイラ…短大の生物学教師。以前は陸軍伝染病研究所に勤めていた

ハリー…アイラの同僚の地質学教師。バレー部顧問

アリソン…ウッドマン将軍の下で働く女性研究者

ウェイン…プールでバイトしている消防士志望の青年

 

一言コメント:人類誕生は生命の神秘

 

感想(ネタバレ注意)

X-ファイル」のデイヴィッド・ドゥカヴニー、オスカー女優ジュリアン・ムーア出演のSFコメディ映画です。

これね、とてもおもしろかった!

もう最高でした。

SFとコメディの配分がとてもいいというか、とにかく見てて飽きない映画でした。

主にエイリアンの描写が見ててちょっとぞわっとするというか、気持ち悪いなあというシーンもあったんですけど、それがより生物学的な意味でのリアルさを感じたかな。

エイリアンの成長(笑)を見てると、人類がどうやって今の姿になったかが理解できて何故か勉強したような気分になりました。

最初は単細胞生物だったのに多細胞に!→弱肉強食で強い奴だけが生き残る→地球の空気に慣れずに穴から出たらすぐに死ぬ→徐々に適応してやったぜ!

と映画を見ているのにまるで生物の勉強をしているかのような感覚になります。

映画はちょっと下品めなコメディ映画なのにね

元素記号の並び順どうのこうのでエイリアンの弱点発見!は正直、ん?という感じでしたけど、細かいことどうでもいいだろ~という映画の勢いを感じたのでそこまで気になりませんでした。

メイン4人のうち、私が大好きなのがアイラの同僚ハリーですね。

とにかく愉快で貧乏くじを引くキャラなんですけど、このハリーのおかげで緊迫した場面でもどこかいい意味で緊張が薄れるというか、とにかくこの映画のムードメーカーでしたね。

エイリアンが体の中に入ってそれを出す為に手術(笑)をするとことか、それの復讐のためにエイリアンに弱点のシャンプーをぶち込むときのアレコレとか、とにかく全てがお気に入りでした。

この映画は彼で持っていたといっても過言ではないです(暴言)

2001年の映画ですが、CGも全然見れるレベルでしたね。

恐竜風エイリアンなんて本当にリアリティあるCGでしたし。

キャストではデイヴィッド・ドゥカヴニーも勿論よかったんですが、ジュリアン・ムーアが最高にキュートでした。

個人的な感想ですが、彼女はシリアスな映画よりもコメディのが映える女優な気がします。

待望のオスカーを獲ったのでコメディ映画にもっと出演してほしいなあ。

私特有の満足度が高いために感想が短くなってしまいましたが、とにかく面白い映画です。

ちょっとしたお勉強もできる映画ですので、ぜひご覧になってください。

間違いなくオススメです。

 

個人的点数:78点

(ハリーの活躍をぜひ見届けて!)

 

広告を非表示にする