読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画感想ライブラリー

文才ない人間が人気作からB級まで映画を見た感想を書くブログ※辛口注意

魔法にかけられて

  

 

あらすじ

おとぎ話の世界アンダレーシアに住むジゼル姫はエドワード王子と出合ってその日のうちに婚約する。

しかし、王子の継母である悪の魔女ナリッサは自分が女王の座を奪われることを危惧し、ジゼル姫を現代のニューヨークに追放してしまう。

大都会で路頭に迷ったジゼル姫は仕事帰りの弁護士ロバートと娘のモーガンに助けられる。ロバートとモーガンは浮世離れしたジゼル姫の言動に困惑するが、天真爛漫な彼女の人柄に触れ、次第に家族のように打ち解けてゆく。一方、エドワード王子と勇敢なリスのピップはジゼル姫を救い出すため現実の世界へ駆けつけ…。

 

 

登場人物

ジゼル…アンダレーシアの住人で王子との結婚を夢見る

ロバート…バツイチ弁護士。恋人にプロポーズしようと考えている

モーガン…ロバートの娘。夢見がちな少女でジゼルを慕う

エドワード王子…アンダレーシアの王子でジゼルに結婚を申し込む

ナリッサ…王子の継母でジゼルを追放した張本人

 

一言コメント:100作目の映画感想記事始まるよ~

 

感想(ネタバレ注意)

ディズニー製作の実写映画です。

これ最高すぎるでしょ

ディズニーがディズニー映画をネタにするという、ディズニーしか制作できない映画です。

ディズニーアニメって、物語の途中で突然歌いだしたり、出会う人すべてが何故かヒロインに親切な事が多いじゃないですか。

私達視聴者は「まあディズニーだからね」でそれらの要素を納得できているんですが、ディズニー自身がそれらを「そんなこと現実じゃありえないから(笑)」とネタにするという。

ニューヨークに投げ出されたジゼルは周囲の人に声をかけても当然誰も彼もがスルーだし、たまたま道路にいたホームレスに声をかけたら、親切にされるどころか物を盗まれるという。

明らかに浮世離れした女に優しくする人なんて現実ではいないというのをディズニーがネタにしちゃう面白さとか、外で突然歌い出したら当然皆おかしな顔をするしロバートは恥ずかしいから止めろという、物凄い現実的な描写とか。

こんなん笑うに決まってるでしょ(笑)

それでいてストーリーも普通に面白かったし、モーガンは可愛かったしいう事なしです。

個人的に好きなのは、エドワード王子ですね。

バスを貫通させたり色々やりたい放題で一々行動が笑えるんですが、おとぎの世界の住人らしくとにかくジゼルに一途なんですよ。

だからこそ、ナリッサの呪いでジゼルが眠っちゃった時、自分じゃなくロバートのキスで目が覚めた時の王子の表情は、少し切ないというか痛々しかったですね。

でもね、ナンシーと結婚させる必要はなかったと思う

ナンシーはロバートの恋人で、要は余り者同士でくっつけたって事だけど、ナンシーじゃなくておとぎの世界に王子を密かに好きだった子がいて、その子とくっつくとかでよかったんじゃないかなあ。

ディズニー映画らしく全員ハッピーにしたいんだろうけど、王子とナンシーのカップルは唐突過ぎて違和感しかなかったです。

二人をくっつけるなら、もっと事前に伏線作っとくとかしてほしかったですね。

そこ以外は不満のない作品でした。

というか、間違いなく歴代ディズニー映画でもトップクラスの作品じゃないかなあ。

ディズニー好きは当然の事、ディズニー映画が苦手な人も楽しめる名作です。

 

個人的点数:91点

(エドワード王子の奮闘に注目!)

 

広告を非表示にする