映画感想ライブラリー

文才ない人間が人気作からB級まで映画を見た感想を書くブログ※辛口注意

ジェサベル

  

 

あらすじ

不運な交通事故によって恋人を亡くし、自身も下半身不随で車椅子生活を余儀なくされたジェサベルは、父と一緒に暮らす事になります。

父が暮らす家で、ジェサベルは亡くなった母が自分にあてたビデオレターを見つけます。

そのビデオレターには、ジェサベルの未来を予言したかのような母の言葉が収録されていました。

そして、それを機にジェサベルの周りで不思議な事が起こり始めて…。

 

 

登場人物

ジェサベル…恋人を亡くし車椅子生活を余儀なくされた不運の女性

父親…ジェサベルの父。どこか余所余所しい

母親…ジェサベルの母。不思議なビデオテープを残す

プレストン…ジェサベルの高校時代の同級生

 

一言コメント:可哀想過ぎるでしょ、主人公

 

感想(ネタバレ注意)

失意の主人公に襲い掛かる悲劇を描いたホラー映画です。

う~ん、途中までは面白かったんだけどねえ…。

父親と一緒に暮らす家で起こる、恐ろしい現象。

母が残した不気味なビデオレターと、そんな母を罵る父の怪しげな態度。

父が不慮の事故で亡くなってから、広い家で一人で暮らさなければいけなくなった主人公の恐怖。

そして、家の周囲で見つかった、怪しげな人の骨。

ここまでは、本当に面白かったです。

ただ、肝心の「真相」がねえ…。

ネタバレしますと。

母親は不倫相手である黒人のモーセの子を産んで、それに腹を立てた父親が「本物のジェサベル」である黒人との子供を殺し、モーセも殺してしまいます。

それを知った母親は自殺。

父親は自分の殺人行為がバレないように、養子をとって自分の子として育てる。

その養子が、主人公であるジェサベルです。

それで、主人公のジェサベルを家で襲っていたのは母親だと思っていた人と、不倫相手のモーセ、そして二人の子である本物のジェサベルでした。

その目的は主人公のジェサベルと本物のジェサベルを入れ替える事なんだけど。

いや、主人公の方のジェサベル何も悪く無くね?

父親の体裁の為に養子に取られただけであって、本物のジェサベルに何かをしたわけでもなく、母とモーセの死とも無関係だし。

復讐したいなら父親にだけ何かすればいいと思うんですが。

実際に全ての真相がわかった後の主人公ジェサベルは、本物ジェサベルを思いやって共存の道を探していた節もあったし、むしろ良い人の部類だと思うんですよね。

それなのに、無理矢理ジェサベルの人生を奪おうとするとか、不幸なんてレベルじゃ片付けられないほど可愛そうなんですが。

主人公ジェサベルがあなた達に何をしたのかと言いたいですよ、ほんと。

この手の映画って、母親と父のモーセが暴走してるだけで本物ジェサベルは実はいい人で…、というのが定番なんですが。

本作の本物ジェサベルは主人公ジェサベルの人生を奪う気満々という。

本当に主人公ジェサベルがあなた達に何をしたのかって(二度目)。

正直、殺人までするのは行き過ぎかと思いますが、ジェサベル父が母とその不倫相手に怒るのはわかるんですよ。

だって信じていた嫁に裏切られてたばかりか、不倫相手の子を産むとか到底許せないでしょ。

それなのに、母親と不倫相手のモーセは被害者ヅラとかさあ。

まあ、ジェサベル父も十分屑だと思いますけどね。

それでも、母親とモーセもジェサベル父が暴走する原因になった責任はあると思うんですよ。

それなのに、逆恨みするとかさあ。

とにかく、主人公ジェサベルがあなた達に何をしたのかと言いたい(三度目)。

何の罪もないのに巻き込まれる主人公が可哀想すぎて、なんだかなあ。

ラストの展開も後味悪いし、まんま「スケルトン・キー」と同じだしで、う~んって感じ。

これで、後味が悪くても、オリジナリティー溢れるラストだったら、まだ「見て良かった」と思えるんだけどね。

とにかく、全体的に「なんだかなあ」と感じた映画でした。

主人公にここまで同情した映画は、もしかしたら初めてかも。

 

個人的点数:46点

(ジェサベルの不運さに注目!)

 

広告を非表示にする