映画感想ライブラリー

文才ない人間が人気作からB級まで映画を見た感想を書くブログ※辛口注意

ヘイトフル・エイト

 

 

あらすじ

南北戦争終結から数年後、猛吹雪の中、馬車が走っていた。

その馬車には賞金稼ぎジョン・ルースと、彼に捕まった賞金首のデイジー・ドメルグが乗っていた。

レッドロックまで走る途中、馬車は二人の客人を乗せる。

一人は賞金稼ぎのマーキス・ウォーレン、彼は黒人で元北軍少佐、ジョンの顔見知りでもあった。

もう一人は自称レッドロックの新任保安官のマニックス

4人を乗せた馬車は猛吹雪の影響で、道中にある「ミニーの紳士服飾店」でやり過ごす事になり…。

 

 

登場人物

ウォーレン…元北軍少佐で黒人の賞金稼ぎ

ルース…賞金稼ぎ。生きたまま賞金首を渡す「首吊り人」の異名を持つ

デイジー…1万ドルの賞金首

マニックス…自称レッドロックの新任保安官。黒人差別者

モブレー…紳士なイギリス人。自称巡回執行人。

ゲージ…カウボーイ。実家に帰る途中だと言うが…

ボブ…ミニーの紳士服飾店で働く

スミザーズ…元・南軍将軍。黒人差別者

 

一言コメント:とにかく本編が長すぎる!

 

感想(ネタバレ注意)

本作は、あのクエンティン・タランティーノが監督を務めています。

たまたま泊まった小屋に集まった人間、この中には賞金首のデイジーの仲間が紛れ込んでいて、彼女を逃がそうとして…という映画なのですが。

本作を一言で表すなら「この映画、悪人しかいない」です。

まるで某監督の〇〇〇エイジのような感じになっています。

ネタバレになると、モブレーとゲージとボブがデイジーの仲間なのですが、かといって

ウォーレンやルースが善人というわけでもなく。

ルースは女相手でも関係なく殴りまくるDV野郎だし、ウォーレンはおぞましすぎる行為を告白する屑野郎です。

タイトルの通り8人の悪人が主人公になっていて、登場人物紹介を見ればわかりますが、全員何かしらの裏の顔を持つ人間が集まっています。

そんなわけで誰にも感情移入できるわけもなく(笑)、とにかく淡々と見ていました。

内容としては、人種差別や戦争の酷さ、女性に対する扱いなど、いわゆるメッセージ性が強いかなという感じですが、とにかく残虐描写が凄い。

女を殴るのは当たり前だし、何の躊躇もなく人を銃で撃ったり、人の腕を〇したりなど、思わず目を背けたくなる描写がこれでもかというほど出てきます。

特にウォーレンの告白は酷くて、アレは初めて早送りしたいと思ったほど。

ちゃんと見ましたけどね。

年齢制限を受けるのも納得の内容でした。

全体としては、まあ面白かったかなという感じです。

残虐な描写が多かったんですけど、それら全てが人種差別の行きつく果てというか、過去のアメリカの負の部分って感じがして、それを隠すことなく素直に見せているのは良かったですね。

けして美化していなかったので。

ただ、映画全体が長いのが少し気になりました。

本作は全6章になっているんですが、本編だけで3時間近くありました。

その間、小屋につくまでに30分はかかっているし、ルースが死ぬまでは2時間近くかかってたんじゃないかな?とにかく長かった。

あまりにも短すぎるのもアレだけど、本作は長すぎて途中で集中力が無くなってしまう事もしばしば。

内容が内容だけに、ずっと見続けると神経がすり減った感じがしました。

勿論、全体を見れば3時間全てが意味があるものだとわかるんですが、それでも少しは減らせなかったのかな…と思ったり。

ちなみに、ラストは実質8人全員死亡という後味が悪いまま終わるんですが、そのラストの展開は、少し皮肉が効いていて私は好きですね。

人は死の間際になると、なんで急に心穏やかになるんでしょう(笑)。

このラストの終わり方は、ぜひ見てほしいですね。

タランティーノ節炸裂!ですよ。

 

個人的点数:69点

(デイジーの弟を演じる意外な人物に注目!)

 

広告を非表示にする